ダイアモンド型、ひし形で役割のはっきりとしたフォーメーション

ダイアモンド

フットサルの基本的なフォーメーションの一つ、ダイアモンドについてです。
略して、ダイアともいわれます。
ピヴォ1人
フィクソ1人
アラ2人
と奇麗に分かれます。
フィクソの役割が非常に重要になります。

フィクソがゲームコントロールしながらピヴォ当てをしたり、
アラとのパス交換でフィクソやアラが攻撃のスイッチを入れるような戦い方をします。

フィクソの役割

フィクソはゲームコントロールとディフェンスの最終ラインとなることから、
試合運びをコントロールする頭脳、ボールロストしないキープ力、
ディフェンス力、パスセンス等など、、、
守備意識が高く、一番上手い選手が役割を担うと攻守ともに安定します。

最終ラインとしての意識が強くなりすぎて、
パスを出した後、同じポジションのまま留まってしまうフィクソをよく見かけます。
ディフェンスのポジション次第ですが、
パスの後は縦に抜けたり大きく下がったり、ワイドに開いたりして、
リターンパスのコースを作り直すことでボールのポゼッションが安定します。

ピヴォの役割

ピヴォ当てのパスを受けてシュート!
やはり、これが第1選択肢でしょう。
ピヴォ当てのパスを落としてアラやフィクソがシュートしたり、
アラやフィクソが勝負をしかけたら素早くファー詰めに行ったりと
常に得点に絡む動きが期待されています。

敵のディフェンスを背負って、
ピヴォ当てのためのパスコースを確保できるフィジカルがあるのが理想ですが、
ケブラやジャグナウなどの動きを取り入れてタイミングよくボールを受ける動きも有効です。

アラの動きに合わせてポジションを入れ替えたり、
フィクソからアラへのパスに合わせてボールサイドの縦位置にポジションをしたり、
スクリーンをかけてアラの勝負のサポートをするのも有効です。

クラウンと違ってダイアの場合、ピヴォとアラの距離が近いため、
アラの動きに合わせてピヴォも動いてあげる必要があります。
ピヴォ当てをベストポジションのゴール正面で受けようとして、
ずっと同じポジションに居続けるとアラが活躍するスペースを消したり、
パスコースが消えた状態になってしまいます。

アラの役割

フィクソのサポートをしながら、ピヴォと連携して攻撃を行います。
フィクソがボールを保持している時、
両サイドのアラは高い位置(敵ゴール寄り)のポジションを取って、攻撃ラインを押し上げます。

フィクソへの敵のプレッシャーが強い場合、
片方のアラは自分をマークしている敵ディフェンスのプレッシャーがないところまで下がり、
フィクソからのパスコースを確保します。
基本的にはボールと逆サイドのアラが下がる方がよいと思いますが、
ケースバイケースで判断しましょう。

フィクソからのパスを受けたら
そのまま勝負をかけたり、ピヴォやフィクソと連携して攻撃参加します。
攻撃のタイミングではないと判断したら、フィクソへのリターンや
サポートに入った逆サイドのアラにパスを出して立て直しをはかります。

逆サイドのアラがボールを受けた際、フィクソが縦に抜けていった場合、
パスをもらわなかった方のアラはフィクソ位置までサポートに下がります。

フィクソからピヴォへのパスが通った場合、
ピヴォやフィクソのシュートへのファー詰めを狙ったり、
ピヴォからのパスをもらって勝負をかけたりします。

フィクソとのパス交換からフィクソ位置でプレーしたり、
ピヴォのポジションチェンジに合わせてピヴォ位置でプレーしたりと
一時的とは言え、他のポジションでのプレーを求められる場面もあります。

攻守の切り替えをはじめ、一番運動量を求められるポジションでもあるので、
アラの動きが少ないと攻撃が単調になってしまいます。