サイドラインと並行に走るパラレラ

パラレラとは「並行」という意味のポルトガル語です。パスを出したら抜けろとよく言われるけれど、その後何したらいいの?という人、足の速さや走りながらのシュートに自信のある人におすすめの戦術になります。また、前プレと言われる自陣まで相手のディフェンスが寄せてきている時に2人で裏のスペースを突くことで、相手のディフェンスを崩すきっかけとしても使う事が出来ます。

パラレラ

パスを出したら抜けろとよく言われるけれど、その後何したらいいの?という人、足の速さや走りながらのシュートに自信のある人におすすめの戦術になります。また、前プレと言われる自陣まで相手のディフェンスが寄せてきている時に2人で裏のスペースを突くことで、相手のディフェンスを崩すきっかけとしても使う事が出来ます。

パラレラの動き

パラレラとは「並行」という意味のポルトガル語です。サイドラインと並行に走り込む動きやそれに合わせたパスを意味します。試合中では略してパラとだけ声をかけることが多いです。英語名のパラレルと言われる事もあります。

フットサルの基本的な戦術で、ディフェンスの裏のスペースを有効に使った戦術です。4人が完全に連動している方が効果は高いですが、2人だけでシュートまで持ち込む事ができることも特徴です。ディフェンスの裏のスペースを突く攻撃になるため、前プレの突破にも効果的です。

パラレラのコツ

フィクソからアラへパスを出した後は必ずボールサイドを抜けるコースを取ります。あまり深い位置まで進むとディフェンスの裏のスペースをつぶしてしまうので、ボールを持っているアラのディフェンスのすぐ後ろに走り込むイメージで動きます。アラの位置が低い場合、ボールを追いかけるようなコースになる事もあります。そこから方向転換してサイドライン沿いに縦に走り出します。サイドラインに寄る動きは比較的ゆっくり走り、パスが出るタイミングに合わせて急加速することでディフェンスを置いてきぼりにすることが出来ます。

この時、アラのプレーヤーはパラレラと判断したらフィクソが縦に走り出す前に縦のスペースにパスを出してあげましょう。普通のインサイドキックでもよいのですが、ボールを足の甲にのせて横方向にすくい上げるような動きでボールを浮かせたパスを出してあげる方がベターです。敵ディフェンスのカットに合いにくいだけでなく、ボールのスピードが途中で落ちるので追いついてからのシュートが打ちやすくなります。

フィクソのプレーヤーはアラのディフェンスが中切りのディフェンスをしていると判断したら積極的にパラレラを狙いましょう。逆に、縦切りの場合、パラレラは失敗しやすいため、ジャグナウ等の別の動きに切り替える方がベターです。

パラレラの効果

前述の通り、ディフェンスの裏のスペースを活用したオフェンスになるため、前プレ回避に効果的です。また、パスが出せなかった場合でも縦にパスコースが増える事や敵ディフェンスの縦への意識が強くなる事から仕切り直しの横パスも通しやすくなります。

4人の連携

パラレラのパスを出したアラはその後のプレーにも絡んでいきましょう。パラレラを受けたフィクソからの落しのリターンパスのシュートやボールロスト時のファーストディフェンスが主な役割です。ただし、自分のいたポジションに味方のフォローが入りそうな場合、フォローの動きからニア側にケブラしてパラレラを受けたフィクソからのリターンパスをもらう変則ワンツーも効果的です。

ピヴォはパラレラの動きを感じ取ったら早めにファーへと流れてスペースを作りましょう。その後、ファー詰めを狙います。

逆アラはフィクソの攻撃参加に応じてバランスを取りディフェンスの最終ラインを担います。ただし、パスを出したアラが攻撃参加しない場合などはニアに走り込んでパラレラを受けたフィクソからのパスをもらう動きも効果的です。