対角(斜め)のポジションでの連携プレー、ジャグナウ、ダイアゴナル!

ジャグナウとは「斜め」という意味のポルトガル語です。その名の通り、斜めの移動やパスを行う連携プレーになります。アラやフィクソのプレーヤーがジャグナウの動きを取り入れることで、ディフェンスが最も警戒している対角へのパスを通し、攻撃の起点とすることができます。

ジャグナウ、ダイアゴナル

ジャグナウとは「斜め」という意味のポルトガル語です。その名の通り、斜めの移動やパスを行う連携プレーになります。アラやフィクソのプレーヤーがジャグナウの動きを取り入れることで、ディフェンスが最も警戒している対角へのパスを通し、攻撃の起点とすることができます。

ジャグナウ、ダイアゴナルの基本的な動き

最終ラインの中央付近のフィクソポジションからサイドのアラへとパスを出した後、相手ゴール側へと抜けて行きます。この時に、パスしたサイドと逆サイドに抜けていきます。ゴールを狙える位置でストップしてターンするタイミングに合わせてパスをもらい、シュートを打ちます。シュートが無理な場合、ボールキープから味方に落としてシュートを打たせましょう。もちろん、ストップしなくてよいタイミングでパスをもらえるのであればそのままシュートを打ってしまいましょう。

ジャグナウ、ダイアゴナルのコツ

最初のパスを受けたアラのディフェンスが中を切っている場合、斜めのパスをカットされる可能性があるので、ジャグナウではなくパラレラなどの別の動きに切り替えましょう。

中抜けを行う際に、最初から逆サイドに走るのではなく、ボール側のサイドに抜けるフェイクを入れてから切り替えし、縦に抜ける動きでディフェンスの裏を取りに行くように動き直します。ディフェンスの死角に入っていくので、タイミングをみてボールから遠ざかる斜めの動きに切り替えます。

ジャグナウでボールを受ける際はボールから離れる動きの質が重要です。ディフェンスがしっかりついてきている時はバックステップは使わずに急ストップ、急ターンでボールを受けることで相手との距離を作り出すことができます。逆に離れる動きにディフェンスが反応せずに距離を取ってくれる場合はケブラの動きでボールをもらってポジションをずらすことでディフェンスの正面をずらしてボールを受けるようにします。

二つの名前がある理由

ポルトガル語読みと英語読みでカタカナ表記が異なるため人によって呼び方が違っています。
Diagonal -> ジャグナウ、ダイアゴナル

ミゲル・ロドリゴ(フットサル日本代表監督) (著)