L字型のフォーメーションでピヴォは偽物という変則的なフォーメーション

Lピヴォ(偽ピヴォ)

後ろ3枚、前1枚のフォーメーションですが、
ピヴォが通常のように真ん中ではなく、サイドライン近くにポジションを取ります。

別ページのクラウンは後ろ3人でのボールキープからのピヴォあてのための戦術ですが、
この戦術ではピヴォが中央にいないことから
ピヴォにあてるだけでは簡単には決定機は作れません。

ピヴォがサイドにずれることによって、
逆サイドにスペースができていますので、そのスペースを使って戦うための戦術となります。

  • ピヴォにあてて落としをシュートしてファー詰め
  • 横パスの後に前に抜けてピヴォに入るパターン
  • オープンスペース側をワンツーで抜くパターン など