フットサルのコーナーキックの正しい守り方

コーナーキックのディフェンス時の対応方法について記載しています。コーナーキックはディフェンス側の方が有利なセットプレーと言っても過言ではないくらい、対応しやすいセットプレーです。相手のコーナーキックになったら素早くポジションを移動しながらマークを確認して攻撃に備えましょう。

コーナーキックのディフェンス

コーナーキックをダイレクトでシュートされて失点した!という経験はありませんか?フットサルのコーナーキックはサッカーほど危険な状況ではありません。キッカーからすると最大でも3つのパスコースがあるだけで、それ以外の選択肢がありません。それをゴレイロを含めた5人で守るので、正しい対応が出来ていれば、コーナーキックからの失点はほぼなくなります。つまり、コーナーキックはディフェンス側の方が有利なセットプレーと言っても過言ではないくらい、対応しやすいセットプレーです。

コーナーキック時の典型的な守り方を2つ紹介します。相手のコーナーキックになったら素早くそれぞれのポジションに移動しながらマークを確認してきましょう。
ゴレイロが対応しやすいかどうかを優先して考え、どちらを採用するかを決める事をお勧めします。

2-1-1 Y型

ニアサイド:2人
中央:1人
ファーサイド:1人

ゴレイロはエンドライン寄りでニアをケアします。

ニアをケアするフィールドプレイヤーの1人は
エンドラインから1、2歩内側に立ち、中央へのパスをブロックします。
もう1人はコーナー付近からのシュートをブロックします。

中央に走り込んでくる敵への対応が遅れると失点しやすくなるので、
そこをケアしやすいのもこのフォーメーションの特徴です。

通常はこちらで守る方が守りやすいと思います。

2-2 BOX型

ニアサイド:2人
ファーサイド:2人

ゴレイロは中央を守ります。

ニアサイドのケアはY型の時とほぼ同じですが、
ゴレイロが中央をケアしている分、ニアが手薄になります。
ゴレイロとニアの2人の役割分担が微妙に変わってくるので、
声を掛け合って調整しましょう。

ロングボールや浮き球で中央やファーにボールをまわしてから
シュートを多用するようなチームにはこちらのフォーメーションを使うと効果的です。