数的不利の状況の中では最も守りやすい2vs3

2vs3

数的不利で味方が自分を入れて2人、敵が3人の場合の守り方です。

最も重要なのが、味方2人の位置関係です。
まず最初に意識してほしいのが
「どちらがボールホルダーに対してアプローチするのか」
です。

基本的にはボールに近い人がボールホルダーにアプローチします。
その際に味方がいない方の敵プレーヤーへのパスコースを切るようにディフェンスします。
もう1人のディフェンスは敵の3人目をマークします。
この時、ボールにアプローチしているディフェンスと横並びになったり、
前後に並んだりせず、斜め後方ぐらいのポジションを取るのが理想です。

パスコースを切っていない方の敵へとパスが出た場合、
マークしていたディフェンスが対応し、サイドに追い込んでいきます。
パスコースを切っていた方の敵へとパスが通ってしまった場合、
ゴールに近ければゴレイロに任せて
フィールドプレーヤーはそれぞれパスコースを切って3vs3で対応します。
ゴールから距離がある場合はフィールドプレーヤーが対応し、
残り2人の敵をもう一人のプレーヤーがケアする形になります。

実は、早い段階でサイドにパスをしてくれるとフィールドプレーヤーだけで
3人をケアできてしまうので対応としては楽になります。