動かすトラップとは?トラップだからといって足下に止めないといけないわけじゃない!

サッカー、フットサルにおいては「トラップ=ボールを止める」という意味になりますが、ボールの動きを止めてしまう必要はありません。むしろ、狭いコートだからこそ、次のプレーに備えた位置にボールを動かして止めることが重要になってきます。

ボールを動かすトラップ

足下にピタッと止めるトラップではなく、
ボールを次のプレーの方向に転がして受けるトラップをよく使います。

次の動作にスムーズに移るためや
ディフェンスとの角度をずらすことがでプレスを回避したり、
パスコースを作ったりすることができます。

例えば、自分に向けてのパスに合わせてボールの方向に向かって動き、
足裏を使ってボールを自分の進行方向に転がし、
1、2歩進んでそのままシュート!

ここでの注意点は足裏を使うということです。
インサイドやアウトサイドでのトラップがダメということではないですが、
この例では足裏の1択です。