フットサルで最も多い数的不利の1vs2のシチュエーション

ディフェンス1人、オフェンス2人の数的不利な状況でのディフェンスについて記載しています。試合中に何度も発生する状況ですが、ゴレイロと連携して対応出来れば失点の可能性は大きく軽減できます。この状況を守りきれるかどうかは自分のチームのオフェンスにかけることができる人数にも影響してくるので、何度も練習して冷静に対応できるようになりましょう。

1vs2

数的不利で味方が自分1人、敵が2人の場合の守り方です。試合中に何度も発生する状況です。特にフィクソを中心にディフェンシブなプレーをする人が、この状況を乗り切れるかどうかはチーム全体のオフェンスにかけられる人数にも影響してくるので、何度も練習をして冷静に対応できるようになりましょう。

ボールがゴールから遠い場合

ボールがハーフライン付近にあって、自分のゴールから遠い場合、もう一人の敵とのパスコースに入りながら自陣に下がります。シュートコースに入る必要はありません。ただし、可能であれば、相手2人の利き足を考え、利き足と逆の足でシュートになるように早い段階でパス交換させてからパスコースを切る方が有効です。具体的には、相手が二人とも右利きの場合、ディフェンス側からみて右サイドの選手がボールを持つようにパスコースを調整する感じです。

ディフェンス開始位置

第2PKのマークあたりまで下がると、ゴレイロがディフェンスに参加しやすくなるため、1vs2から2vs2の状況で守る事ができるので、ディフェンス側からアクションをかけます。この時もシュートを打たれる事より相手がパス交換をする方が厄介なので、パスコースを切ったワンサイドカットの状態でディフェンスをしましょう。特に股下は要注意です。

ゴレイロの役割

シュートならゴレイロがブロックします。フィールドプレーヤーがファーへのシュートやパスを選択できないようなディフェンスができていればほぼ失点せずにすむでしょう。

万が一、ファーへのパスも通ってしまった場合、ゴレイロが素早く切り替えてファーの選手に1vs1でディフェンスを挑みます。フィールドプレーヤーはファーの選手への対応はゴレイロに任せてリターンパスやファーへのシュートを警戒しましょう。

ボールロスト時に敵の近くにいる場合

ボールロスト時点で敵のボールホルダーの近くにいる場合、わざわざ離れる必要はありません。この時、ファーサイドへのシュートやパスのコースを切りながらプレッシャーをかけることが出来れば相手はストップするかシュートを選択するしかなくなります。1vs2のはずが、ゴレイロを含めて2vs1での対応となるため、防ぎきる可能性が上がります。

ニアへのシュートはゴレイロが全神経を集中してブロックしましょう。ファーサイドへパスが通ってしまった場合、ゴレイロは素早く切り替えてファーサイドでパスを受けた選手と1vs1になります。フィールドプレーヤーはパスを出した選手へのリターンパスやファーへのシュートのケアをします。

まとめ

自陣に下がっている途中では絶対に自分からは仕掛けないようにし、ボールを奪う事より相手のプレーを遅らせることを最優先にしましょう。うまく時間を使わせる事が出来れば味方が戻ってくる時間を稼げます。フィールドプレーヤーがパスコースを切ってディフェンスをすることで、1vs2の状況からゴレイロを含めた2vs1の状況を作り出して防ぐのがコツです。