ディフェンスラインを決める事で意思統一しよう!

試合中に「ハーフから!」という声を聞いた事はありませんか?ハーフラインより自陣側に戻って、ディフェンスの体制を整え、相手がハーフライン付近までボールを進めてきたらプレッシャーをかけ始めましょうという意味のかけ声になります。ディフェンスラインを上げる事、下げる事のメリット・デメリット等を記載しています。

ディフェンスライン(プレスライン)

試合中に「ハーフから!」という声を聞いた事はありませんか?ハーフラインより自陣側に戻って、ディフェンスの体制を整え、相手がハーフライン付近までボールを進めてきたらプレッシャーをかけ始めましょうという意味のかけ声になります。

例えば、一人がボールを奪いに行った時に他の味方が敵から離れた位置でディフェンスをしていると、相手は簡単なパスで回避できてしまうため、がんばってボールを追いかけたディフェンダーの努力が無駄になってしまいます。逆に、ハーフラインにボールがさしかかったらプレッシャーをかけ始めるという意思統一があれば、ボールホルダーへのアプローチを開始すると同時に味方が自分のマークマンとの距離を詰めることで相手のパスコースを限定し、ボール奪取の機会が増える事になります。

ディフェンスラインを上げる効果

ボールを奪った場所が相手ゴールに近ければ近いほど、カウンターから得点のチャンスが高くなります。走力に自信のあるチーム、1vs1のディフェンスが強いチームはディフェンスラインを高く保つ事で相手の自由を奪うような戦い方が有効です。一人一人の移動距離が長くなる分、チームとしてある程度の連携がとれていないとマークの受け渡しやカバーリングでのミスが出やすいのも特徴です。
また、負けている場合などはディフェンスラインを上げて相手にプレッシャーをかけていくようにする必要があります。

ドリブルやワンツーパスで抜き去られた場合、味方がどれだけカバーリングにいけるかが重要です。そのため、走力に自信のないチームやメンバーの少ないチームではディフェンスラインを高く上げすぎない方が良いでしょう。また、相手チームがドリブルやワンツーパスでの突破が得意な場合もディフェンスラインを下げてコンパクトな守備を優先した方が良いでしょう。

ディフェンスラインを下げる効果

守備がコンパクトになるため、決定的なパスやシュートを防ぎやすくなるだけでなく、カバーリングも素早く対応できます。メンバーが少ないチームや持久力のないチームはディフェンスラインをさげることで体力の消耗を抑えるような戦い方を選ぶのが有効です。また、ディフェンスラインを下げると、敵陣側のスペースが広くなるため、カウンター時に使えるスペースが広がります。格上の相手と戦う場合に、しっかり引いて戦い、カウンターで一気に得点を狙うというようなこともできます。